女の子のためのリアル殿堂入りコスメ♡

殿堂入りコスメ

化粧下地

チャコットの化粧下地【成分・使い方・塗り方】 肌きれいだよねって♡

更新日:

チャコットの化粧下地「フォープロフェッショナルズ エンリッチングベース」口コミ

ファンデーションの顔を覆っている感じが苦手で、パウダーファンデもリキッドファンでも塗りたくないので、下地であらかたの悩みが消えるようなものを使いたいと思っていました。
たまたま店頭で見つけて、チャコットって懐かしいな、っていう思いで買ったのですが想像以上によかったです。
一番の悩みは頬の毛穴なんですが、これを塗るとほどよく消えます!
UVもSPF37、PA+++と普段使うには十分です。
伸びもよく、うるおいもあります。そのため、乾燥も特に気になりません。
わたしは、これとビオレの日焼け止めジェルを混ぜて使っていますが、顔を覆っている感じがしないのでとっても楽です。
下地と日焼け止めのみなので、仕事の休憩のたびに塗りなおさなくてもいいし、崩れません。
さすがプロフェッショナルズという名前だけあります。
ハイビジョン対応との記載もあるのでそれだけカバー力があるのだと思います。でも、肌が荒れたりとかはなかったのでこれからも使い続けたいと思います。
小豆くらいの大きさの量を、毎日使ってもまだたくさん残っているのでコスパもいいのが嬉しいです。
周りの人にも、肌きれいだよね、と言われるのはこの下地のおかげだと思っています。

肌研の極潤パーフェクトUVジェルとチャコットのエンリッチベースの比較

以前は、日焼け止めと下地が一緒になっているものを使っていました。肌研の極潤パーフェクトUVジェルのような色が付いているタイプのものです。
こちらものびがよくて、うるおいがあるのですが、わたしには少し重かったのです。しっとりさはたしかにあるものの、なんとなく重い。べたっと感がありました。
チャコットのエンリッチベースにしてからはとにかく軽い。ムースまでいかないもののそれに近い感じです。
カバー力も日焼け止めベースのものと比べたらかなりあります。やはりちゃんと下地は使わないといけないんだなぁと感じました。
しかし、出かける予定のないときの紫外線対策としては、ピンクベージュの色が付いているので、ただの日焼け止めだけよりは肌の色も明るくなりますし、十分だと思います。
若い時は、頬の毛穴よりも地黒な肌色の方が気になっていたのでそこまでカバー力を気にしていなかったこともあるのかもしれません。
とにかく毛穴の開きが気になるけど、ファンデーションを塗るのは苦手だな、重いのが嫌だなと感じる方がいれば、カバー力があって使用感が軽い、そして潤うからほどよくツヤも出るこのチャコットのエンリッチベースをおすすめしたいです。

毛穴のお悩みメモ

年齢とともに毛穴の開き、汚れが目立ってきたので、ガスールの泥パックを週に一回ほどしています。固形のガスールを水で戻し泥パックをします。これをすると毛穴の汚れがほんとうに落ちます。顔もワントーン明るく見えて気に入っています。そのあとは、毛穴よ目立たなくなれ?と肌がふっくらするようにいつもより化粧水を染み込ませます。
そのほかに、頬の毛穴の開きが乾燥によるものもあるということで洗顔したあとは顔の水気を拭かないでソンバーユを塗っています。これをすることで肌の水分の蒸発を防ぎ、そのあとの化粧水もしっとりと馴染んでくれている気がします。ガスールもソンバーユもそんなに高いものじゃないのでとても重宝しています。

-化粧下地

Copyright© 殿堂入りコスメ , 2018 All Rights Reserved.