女の子のためのリアル殿堂入りコスメ♡

殿堂入りコスメ

化粧下地

20代後半にオススメのデパコス化粧下地はどれがいい?

更新日:

20代後半にオススメのデパコス化粧下地「RMKのベーシックカラーコントロールN」口コミ

私が初めてデパコスで購入した商品はRMKのファンデーションと化粧下地でそれからお気に入りで使用しています。
そこで最近購入してお気に入りの下地はRMKのベーシックカラーコントロールNの02番です。色展開は4つほどありましたが、美容部員さんの方と相談し、テスターさせてもらって、02番に決めました。
私は少し色が白い方なので、肌の色を明るく見せたい人や、もともと色白肌の方は明るめの02番が色馴染みが良いので、オススメだと思います。
私はRMK以外にもシャネルやジルスチュアート、MAC、マキアージュなどの下地も使っていたことがあって、化粧品はあまりリピート買いせず、色々と試していきたい派なのですが、RMKのベーシックカラーコントロールNはこれからも買い続けたいなと思う商品でした!
人によって合う、合わないはもちろんあると思いますが、肌に塗ったときのさらっと感、なめらかさ、肌のでこぼこ修正、肌を少し明るめに見せるだけでなく、肌のくすみや、ムラも消え、長時間経っても浮いてくる感じもせず、皮脂が多くなりやすい、夏などにも使いやすい商品だなと個人的には感じました。
また、マット感などは特にないので、ツヤ感、透明感を出したいときの下地としてぴったりだと思います。
容量は30グラムで値段は3500円とデパコスの下地であれば一般的かなと思います。ドラッグストアなどで手に入るような下地に比べれば、少し高く感じるかもしれませんが
それほどの価値はあると思います!またパッケージもシンプルなので、幅広い世代の人が持てる商品だなと思いました。個人的にはジルスチュアートやANNASUIなど
少しデザインが凝ってる方が、持っていてテンションはあがりますが、年上の方にプレゼントするときなども、デザインを考えずプレゼントしやすいのでそういった面でもいいかなと思います。

RMKとポール&ジョーの下地はどちらがいい?【比較】

RMKのベーシックカラーコントロールNと同じくらい好きな化粧下地があるのですが、それはポール&ジョーのモイスチュアライジングファンデーションプライマーSです!
容量は30グラムで、値段は3500円なのでRMKのベーシックカラーコントロールNと同じです。
使ってみて、具体的に何が違ったかというと、さらっと感が違うなと感じました。RMKの方がさらっとしていて、伸びがよく使いやすいなと感じました。一方、ポール&ジョーの方はあまりさらっと感は無く、どちらかというと、カバー力がしっかりしています。って感じでした。ただ、ポール&ジョーの方はかんきつ系のフルーティーな香りが付いていて
肌に塗ったときにふんわりと香っていいなと思いお気に入りの商品です。また、パッケージがRMKよりもデザイン性が高く、ボトルが可愛いところも好きなポイントです。ただ少し重いし幅も取るので普段、下地も持ち歩いている人であればRMKの方がコンパクトでいいかなと思います。後は、日焼け止め効果など気にされている方はRMKの方は4色ともSPF効果がありますがポール&ジョーの方は3色展開で、01番と02番のみSPF効果があるのでそこは購入時にきちんとチェックした方がいいかもしれません!

ニキビのお悩みメモ

私はもともと肌が荒れやすく、ニキビが出やすいタイプの肌なのでニキビがなるべくできないようにケアしています。
薬用化粧水やクレンジング、洗顔などもていねいに行って気をつかっています。それ以外にも脂っこいものも大好きなのですが
あまり食べ過ぎないように気をつけています。いくらスタイルが良くて、いくら美人な人でも、やっぱりお肌が汚いとそれだけで
とても価値が下がってしまうと思うし、残念に見えてマイナスポイントにつながってしまうと思うのでスキンケアはとても大切だなと思います。
また、ニキビができてしまったり、肌が荒れてくるとどうしても気になって触ってしまうことが増えるのですが、触ってしまうと更にばい菌や雑菌がつき
治りにくくなり、長い時間治らないと、跡まで残ってしまうので、自然に触るのを防ぐために、マスクをしたりして、気をつけるようにしています。
他にも丸顔なのが悩みなので、メイクするときに、シェーディングを必ず入れたり、ファンデーションの色を場所によって色の濃いものと
薄いものと分けて使ったりしてメリハリをつけてとにかくシャープに見えるようにしています。他にも顏の輪郭に目がいかないようにするために
アイメイクに力を入れて目を大きく見せたり、チークの入れ方を丸くせず斜めに入れるようにしたりなど心がけて毎日メイクして研究しています。"

-化粧下地

Copyright© 殿堂入りコスメ , 2018 All Rights Reserved.